失敗しない外壁塗装

外壁塗装を依頼できない!それにはこんな不安があるのでは?

2016/10/20

外壁の不具合が生じていることはわかっていても、なかなか塗装業者へお願いすることができずに、躊躇してしまうことがあると思います。

依頼する前に、無料で見積もりを出してもらうことにも躊躇してしまいがちです。

これは、外壁塗装の見積もりを出してもらうこと。

外壁塗装を依頼することに対して、何らかの不安があるからだと思います。

その不安を一つ一つ検証していきましょう。

 

1・見積もりをすると、しつこいセールスがあるのでは?

sale

1-1・このお客を逃がしたくないという「しつこさ」。

セールスマンというのは、ノルマというものが与えられがちです。

いわゆるその社員の成績表みたいなものです。

そのノルマにより、給与がかわってきたりしますから、真剣にもなります。

しかし、その真剣さが己の欲求を満たすためだけの物の場合、セールスされる側にとって、迷惑以外の何物でもありませんよね?

成績を上げるために、何とかして契約を取りに来る人もいます。

いざ断ろうとしても、断る理由に対して、ことごとく理由を付け、断らせないようしてきます。

この「断りずらい」が問題なんですよね。

これがわかっているから、なかなか見積もりをお願いすることさえできなくなるんですよね・

1-2・騙されてはいけないセールスの手口とは?

1-2-1・「この外壁をこのまま放置しておくと大変なことに!」

外壁塗装工事は、あまり細かい内容まで知らない人が多い工事の一つだと思います。

一般の人にとって、知らないことだらけです。

ですから、その道のプロに、「この外壁をこのまま放置しておくと大変なことになりますよ!」なんて言われてしまうと、どうしても鵜呑みにしがちです。

人の不安をうまく利用してきます。

騙されてはいけないと思ってはいても、気づかないものです。

その対処方法として、セールスと思った時点で、完全にシャットダウン!

相手の話を聞かない。

そんな手段に出ている方が多いのではないでしょうか?

1-2-2・「今契約してもらえれば半額です!」

外壁塗装の業者の人が来て、「今日までのキャンペーンなんです。今契約してもらえれば半額で外壁塗装工事をすることができますよ!」

なんて言われると、「えっ?半額?」なんて思う場合もあると思います。

半額になる!

実に得した気持ちにさせる言葉です。

外壁塗装に限らず、世の中には30%引き、半額、70%引きなどいったい原価はいくらなの?

と、疑いたくなるような値引きがたくさんありますよね?

実は値引き額が実際の販売価格の場合もあるとおもいます。

そうだとわかっていても、値引きという言葉には魅力があります。

ここで問題になるのは、外壁塗装工事の相場がよくわからないことです。

スーパーの食品であれば、おおよその金額がわかります。

服の場合も、おおよその検討は付きますよね。

でも、外壁塗装はそうそう行うものでもないため、相場が全くわかりません。

半額です!

と言われて、実は2割増しで見積もりを出されていても、わからない可能性もあります。

1-2-3・「こんな悪徳業者がいるんですよ!」

外壁塗装の業者の人が来て、「この業界には、料金を高く請求したり、手抜き工事をしたり、直さなくてもいい場所まで直したりする悪徳業者もいるんですよ!」

と前置きした状態で話が進むと、この人は悪徳業者ではないと思ってしまうんです。

こんな話をすると、なにを信用すればいいのかが全く分からなくなってしまいますよね?

では、信用できる外壁塗装業者を探すにはいったいどうすればいいのでしょう?

1-3・セールスは一切なしの見積もり依頼方法とは?

外壁塗装業者へ見積もりを依頼すれば、ほとんどの場合しつこいセールスを受けることになると思います。

しかし、そんなしつこいセールスを受けない方法があります。

それが外壁塗装一括見積業者を利用することです。

「外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエ」という複数業者に対し外壁塗装の見積を出してくれる会社があります。

車の一括査定業者などを利用すると、各社から一斉に電話がかかってくる場合がありますが、この「外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエ」は、その心配もありません。

窓口は「外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエ」。

見積もりは、「複数社」。

これにより、セールスの心配が全くありません

また、見積もりを複数社出してもらうことにより、自分に合ったプランを選択できます。

そして、料金の差を見ることも出来ます。

手間をかけずに、安心して見積もりを確認することができますから、外壁が少しおかしいな?と思ったら、「外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエ」へまずは登録してみてはいかがでしょう。

 

2・見積もりをすると、断ることが難しいのでは?

dame

2-1・日本人は、「NO!」と言えない民族!

外国人から見て、日本人はなぜNO!と言えない、言わないの?

と思われるほど、日本人は断ることが下手な民族です。

言葉の表現が豊かではないのかもしれません。

表情や態度、遠い言い回しから察してほしいといった、自分の意思をストレートに伝えないところがあるんです。

これは、セールスマンにとっては、好都合の性格と言えます。

2-2・なぜ断ることが苦手なんでしょう?

外壁塗装の見積もりを出してもらって、金銭的な問題、他社決めた時など、「金銭的に難しいので今回は見合わせます」とか、「他社に決まってしまったので申し訳ありませんがお断りします」

一見簡単に言える言葉なんですが、これがなかなか言いづらい人が多いんですよね?

なぜ断ることに躊躇してしまうんでしょう?

これは、「せっかくここまで一生懸命やってくれたのに、断ったらなんとなく申し訳ない」とか、「相手の機嫌をあまり損ないたくないな」とか、「いい人に見られたい」といった気持ちがあるからのようです。

2-3・クーリングオフができる?できない?

クーリングオフとは、契約した後でも、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる制度のことです。

あなたの家に、外壁塗装業者の人が訪問し、外壁塗装を進められました。

あなたはその説明に耳を傾け、結局契約。

その後冷静に考えてみると、やはり必要ないのでは?と感じ始め、外壁塗装業者に「やはり辞めたい旨を連絡」

これが法的に認められているということです。

それでは、この後に外壁塗装業者からこんなことを言われたらどうなんでしょう?

「もうすでに材料を注文してしまったので解約はできない」

契約書を受け取った日から8日以内であれば解約できます。

「足場をすでに組んでいて、解約は不可能です」

契約書を受け取った日から8日以内であれば解約できます。

ただし、この場合断る側の方が悪徳と言えるかもしれませんね。

このように、消費者を守る法律があります。

ただし、気を付けなくてはならない点があります。

2-3-1・クーリングオフができないケースとは?

クーリングオフは万能のような気もしますが、クーリングオフが出来ないケースも覚えておきましょう。

まず、外壁業者をこちらから呼んだ場合や、外壁塗装会社へ自ら出向き契約をした場合はクーリングオフの対象外です。

そして、過去1年間の間に取引のあった業者との契約も対象外となります。

もちろん、日本でも契約。

そして、契約日を含めて、8日以内が条件です。

また、こちらは外壁塗装とは関係がないといえますが、3,000円未満の現金取引の場合も適用外です。

2-3-2・業者側が解約に応じないまま8日が経過。

法律上はOKなのに業者側が解約に全く応じず、そのまま工事をスタートさせてしまうような悪徳業者もいるようです。

クーリングオフの手続きをする場合は、電話ではなく、必ず書面による手続きが必要なんですが、業者が届いてないなどを理由に、8日を過ぎるのを待つケースもあります。

最終的には訴訟を起こさなくてはならないことになります。

ここまで問題を発展させたくない人がほとんどですし、先方も法律に関してはかなり勉強をしてきていますから、法的に認められているクーリングオフは最終手段といったところでしょうか。

2-4・あなたの代わりに断ってくれます!だから安心。

外壁塗装をしようかどうしようかと考えた時に、「断れるか?」ということはとても重要です。

「外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエ」は、複数の見積もりを請け負ってくれます。

また、選ばなかった塗装店に対しても、「お断りの連絡」を代行して行ってくれます。

断る勇気は必要ありません。

断ることによるトラブルもありません。

安心して複数社の見積もりを出してもらうことが可能になりますね。

 

3・いったいどんな外壁塗装の施工業者が来るのか不安!

kangaeru

3-1・悪徳業者ってどんな悪徳業者がいるの?

3-1-1・高額見積もり!高額請求!

車を購入するときに、相場を調べずに購入することはよほどのお金持ちか、よほどお付き合いのある業者でない限りありえないことではないでしょうか?

外壁塗装も条件はほとんど同じなんですが、相場を調べずに、1社のみのいうことを信用して、依頼してしまうことが多いようです。

そして、そこを利用する悪徳業者がいます。

どうせ外壁塗装にかかる金額のことなんてわからないだろう!

といった考えです。

車などは、購入者が多いため、相場の情報はたくさん転がっていますが、外壁塗装はそういうわけにはいきません。

情報量がほとんどなく、相場がわかりづらい業界です。

3-1-2・見掛け倒し!完全な手抜き工事に注意!

外壁塗装をすると、家はまるで生まれ変わったかの如くとても綺麗に見えます。

外見は。

問題は、外壁塗装の塗料であったり、工程であったり、施工方法です。

例えば、通常3回は塗らなければならないところを、1回しか塗らない、2回で終了といった業者がいます。

これは、塗料のコストを抑えるためでしょうか。

塗装効果は、外壁塗装を施工した直後ではわかりづらいことが多々あります。

見張っていてもわかりかねる部分はたくさんありますから、やはり悪徳業者に引っかからないことが重要です。

3-2・こんなセリフや手口に注意!悪徳業者がよく口にする言葉とは?

3-2-1・今すぐ契約を強調!急かすような契約は怪しい!

「今日までのキャンペーンです!」「モニター価格で大幅に割引します!」「アンケートに協力していただければ、大幅値下げします!」などといったように、契約を急かすような場合は注意が必要です。

安い買い物ではありません。

その場ですぐに契約しないように注意しましょう!

キャンペーン中!

本日のみ!

危険です。

3-2-2・一日でも早く工事しないと大変なことになりますよ!と不安を煽る!

不安を煽る行為は、卑劣ですよね。

やっとの思いで手に入れた我が家が、「このまま放置すると大変な事になりますよ!」とか、「今日にでも工事したほうがいいと思いますよ。」といった言葉ですね。

「これは本当に危険ですから、うちじゃなくてもいいですから、一度しっかり見てもらった方がいいですよ!」

"うちじゃなくてもいい"と言葉に、信用を感じてしまいますよね。

自分の利益はさておき、この家のことを考えてくれている優良業者です。

そう思ってしまいますよね?

でも、そういわれると、この業者にお願いしようと思いませんか?

相手は「じゃあ、あなたのところでお願いします。」を言ってくれることを知っていますし、待っています。

必ずすべての業者がそうとは言いませんが、営業のプロは、人の心理を読みます。

3-2-3・耐久年数が異常に長い!

一般的な外壁塗装の塗料の耐久年数は、現在持って20年です。

そんな中、「うちの塗料は、30年保証しますよ!」と口約束をする業者がいます。

「うちのオリジナル塗料なんです。」

「他にはない塗料なんです。」

「使っているのはうちだけ!」

現在一番いいとされているフッ素系塗料で、耐久年数は20年程です。

大手企業が莫大な研究費を費やし、研究に研究を重ねて開発する塗料。

30年も耐久性がある塗料を開発した業者。

たぶん、塗料だけを売って会社が成り立ちます。

間違いなく嘘でしょう。

耐久年数を多く言ってくるような業者は、絶対避けましょう。

3-2-4・値引き額がやたらと大きい業者は信用しない!

「通常300万円かかるところですが、150万円値引きします。」

もはや信用できません。

なぜ150万円も値引きできるんでしょう?

これは値引きではなく、適正価格を理解していないと思いましょう。

150万円も値引きしてくれる!

なんてでたらめな値引きに心動かされる人は今は少なくなってきましたが、まだまだ上等手段として行う業者が存在します。

まずは適性価格を知る上でも、外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエのような外壁塗装一括見積業者へ必ず依頼しましょう。

3-3・悪徳業者に引っかからないための5つの教訓!

3-3-1・訪問販売は警戒が必要!

この際、外壁塗装の訪問販売をしてくる業者はNGとしましょう!

3-3-2・即日契約は絶対にNG!

この際、外壁塗装の即日契約はしてはいけないことにしましょう!

3-3-3・家が危ないと言ってくる業者!

この際、外壁塗装業者で、家の悪口を言ってきた業者はやめておきましょう!

3-3-4・耐久年数が20年以上という業者!

この際、外壁塗装の耐久年数が20年以上という嘘つき業者との契約は辞めましょう。

3-3-5・高額値引きをしてくる業者!

この際、1度目と2度目の見積もりに大きな差がある業者は辞めましょう。

クーリングオフは、過去1年間の間に取引のあった業者との契約の場合、対象外です。

もしかすると、クーリングオフの逃げ道として利用する場合も考えられます。

3-4・自分たちの信用のため?地元優良業者を選別!そして紹介!

悪徳業者と、優良業者をどう見分けるのかはとても難しい事と言えます。

その業者が、ご近所で施工しことがあり、とても良かったなどの確実な理由があれば別なんですが、本当に優良業者だと確信できる外壁塗装業者を探すことは、個人レベルの場合、本当に難しい事です。

「外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエ」は、多くの外壁塗装業者と付き合いのある会社です。

そんな多くの外壁塗装業者の見積もりを一括で行ってくれたり、依頼者にあった業者を紹介してくれます。

もし、悪徳業者を紹介してしまったら、評判はガタ落ちですよね。

自分たちの信頼のためと言ってはなんか失礼な気もしますが、悪徳業者は一切紹介しない努力をしている会社だからこそ、利用者が後を絶たないわけですね。

 

4・外壁塗装の一括見積もりをすると、各社から一斉に電話がかかってくる?

tel

4-1・外壁塗装業者からの一斉電話ってなに?

外壁塗装業者に限った話ではありませんが、悪徳業者というものは残念ながら存在します。

そんな悪徳業者を除外し、優良業者のみを集め、その優良業者から一括で見積もりをとってくれるというサービスがあります。

外壁塗装においても、同様のサービスを行っている業者がいくつか存在します。

しかし、ここで一つ問題になってくるのが、登録後の一斉電話です。

悪徳業者は除外されているものの、各外壁塗装会社は自分のところで外壁塗装工事を行ってもらいたいため、サービスのアピール合戦が始まります。

あなたの情報が、各外壁塗装業者へ流れた結果の出来事です。

しかし、すべての外壁塗装一括見積業者がこうなるわけではないんです。

4-2・外壁塗装業者からの一斉電話に対する不安とは?

各外壁塗装業者から電話が一斉にかかってきても別に構わないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一般的にはこういったことを嫌がる人は多いようです。

もし、外壁塗装10社へあなたの電話番号などの情報が流れたとします。

すると、その10社は電話番号がわかった時点で、ファーストコンタクトとして電話での営業が始まります。
他の会社に先を越されては困ると思っている10社ですから、つながるまでひっきりなしに電話をかけることが多いんです。

そうなると、登録直後からあなたの家の電話は鳴りっぱなしということになってしまいます。

これは正直たまったものではありませんよね。

4-3・一斉電話は無し。「外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエ」が間を仲介。

悪徳業者を除外した、優良業者のみを紹介してくれる"外壁塗装一括見積"の業者ですが、一斉電話という不安があることが判明しました。

そこで、"外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエ"です。

この外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエは、悪徳業者を除外していることはもちろん、あなたの個人情報を勝手に各外壁塗装業者へ教えることをしません。

つまり、登録後に一斉に電話がかかってくるといった心配はないということです。

外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエは、外壁塗装業者との間を1社づつ丁寧に仲介してくれます。

こちらが業者に情報を渡していいというまでは、あなたの個人情報は、外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエでとまっている状態になります。

電話は、登録後は外壁塗装業者紹介サービス ヌリカエとのお話し。

あなたが納得いく外壁塗装業者が見つかった時点で、業者とのやり取りが始まります。

また、その業者が嫌だと思ったら、"簡単に断ることも可能"です。

 

5・ぼったくりにあったのかさえ分からない外壁塗装料金に不安。

sagi

5-1・外壁塗装料金の相場が全くわからない。

家の外壁を塗りなおすことは、そう度々行うものではありません。

結果、外壁塗装の相場がよくわからない人が多いようです。

業者によっては、その相場がわからないことにつけこみ、料金をぼったくる業者もいます。

ぼったくられたことに気づかず、後々になってから相場よりもだいぶ高い料金を支払っていたなんてこともよくあります。

まずは、相場を知ることにより、ぼったくりに合う心配がなくなると思います。

5-2・あれこれ理由をつけ、追加料金は発生しないの?

ぼったくりの手段としてありがちなのが、追加、追加による料金の加算です。

まず外観から外壁の見積もりを出します。

この時は、外壁塗装業者は、外観だけを見て、安い金額を口頭で伝えてきます。

その程度の金額で外壁塗装を行ってもらえるのであればと思い、その業者へお願いします。

その後、その業者の方が詳しく家を調べていきます。

ここから追加料金の問題個所が次々と報告されます。

ここもダメ!

あそこもダメ!

放っておくと、家が倒壊しかねないようなことまで言ってきます。

こちらは素人ですから、言われるがまま追加料金を承諾するしかありません。

業者によっては、本当に家のことを考え、隅々まで調べてくれる業者もあります。

しかし、そんな優良業者でさえ、こちらとしては本当なのかどうなのかはわかりませんよね。

どんな追加料金があるのかを少し調べてみました。

5-2-1・ベランダの劣化。

外壁塗装をしていくうえで、ベランダのある家は追加料金を徴収されやすいものの一つです。

ベランダと外壁登録のつなぎ目が劣化した状態で、このまま放置しておくと、ベランダが倒壊する可能性があります。

と言われたら、直す以外ありませんよね?

家にベランダがある場合は、初めに確認しましょう。

5-2-2・シロアリ発見。

「シロアリ」と聞くと、家屋倒壊と連想してしまうほど、シロアリは怖いものと思う人がほとんどだと思います。

「この部分がシロアリにやられています。これは早く対処しないとマズイですね」なんて言われれば、「見つけてありがとうございます」と言いたくなるほどです。

早速シロアリ駆除業者を手配され、追加料金がかかることもありがちです。

こちらに関してもらあらかじめ確認をしてもらうことが重要です。
その他にも色々と理由を付けて、追加料金がかかる場合がありますから、注意しましょう。

5-3・外壁塗装料金をぼったくられない方法とは?

まず、見積もりを出してもらう際に、「調査診断書」と「仕様書」をもらってください。

こちらはほとんどが無料のはずです。

診断内容としては、次のようなものがあります。

5-3-1・打診調査

外壁に打診棒を当て、先端を転がす事により浮きなどの異常をチェックします。

5-3-2・塗装調査

外壁塗装の塗装膜の厚さをチェックします。

5-3-3・ひび割れ調査

目視から始まり、ひび割れをチェックします。

また、発見したひび割れの大きさなどもチェックします。

業者によっては、光波測量機のような機器を使用し、とても正確なひび割れをチェックする業者もいます。

5-3-4・スコープ調査

外壁の内部はどうしても確認しずらく、専用の機材などが無ければ確認できないことが多い場所です。

そんな内部の状況をスコープを使い確認します。

5-3-5・赤外線調査

赤外線サーモグラフィカメラなどを使用し、外壁の赤外線画像を撮影。

これにより、外壁内部の剥離部分などの劣化状況をチェックします。
診断内容は外壁塗装業者によりマチマチですが、概ねこのような事前チェック結果を「調査診断書」として提出してもらうことにより、追加料金が防げると思います。

また、「仕様書」には、工程、塗料名、塗り回数、使用量など細かい情報が書かれています。

嘘のつけない書類ですから、もらっておきましょう。

 

6・外壁塗装施工期間の延長に対する不安

fuan

6-1・外壁塗装施工期間が延長する理由とは?

外壁塗装工事は、天候にとても影響を受けやすい工事です。

その天候に左右される理由は2通りの理由が考えられます。

6-1-1・雨天などによる作業中断

外壁塗装工事は、屋外で行うことから、雨天など、雨が降ったり、雪が降ったり、台風の日などは危険性も伴い、作業を中断しなくてはなりません。

雨天時などは、足場も滑りやすく、また風の強い日なども、高所作業もありますから落下などの恐れが出てきます。

安全を第一に考え、結果敵に作業を中断するという判断に至ります。

6-1-2・気温による外壁塗料の乾き

外壁塗装は、2度塗り、3度塗りといったように、一度塗って終わりではありません。

また、塗料の性能を十分に発揮させるため、一度塗った塗料をしっかり乾かしてから次の塗料を塗らなくてはなりません。

外壁塗料の乾きは、そのときの気温や湿度などに大きく左右されるため、塗料を再度塗り始めるインターバル時間も、天候にとても左右されてしまいます。

なぜこのまま放置しているんだろう?

と思うこともあるかもしれませんが、外壁塗料がしっかり乾くのを待っている時間があることを理解しておくと、納得がいくと思います。

6-2・外壁塗装施工期間が延長してしまうと困ることとは?

外壁塗装工事期間が延長してしまった場合、顧客はもちろん、業者にとっても困ることが発生します。

その一例をあげてみます。

6-2-1・臨時駐車場などの借用期間の延長。

外壁塗装を行う際、外壁塗装工事用の車が出入りします。

そのため、自家用車を一時的に別の場所へ移動させるケースがあります。

駐車場の広い家であれば問題はありませんが、駐車場スペース確保のために、わざわざ個人で臨時的に駐車場を借りる方もいるようです。

本来そのようなことをする必要性はないのですが、外壁塗装工事期間が延長されてしまうと、その臨時で借りている駐車場代なども余計にかかってしまうことがあるようです。

6-2-2・個人の予定が立たない。

作業工程が2週間かかります。

と聞けば、その2週間は家を留守にすることは不可能と言えます。

ですから、予定を立てる場合、その2週間以降に予定を立てます。

しかし、2週間で終わると思っていた工事が終わらない場合、2週間後に立てた予定さえ中止しなくてはならなくなります。

おおおく見積もって、3週間後に予定を立てていても、場合によってはそこまで工事が伸びてしまう恐れ否定できません。

6-2-3・外壁塗装会社の人件費。

外壁塗装の工事日程が延びてしまうと、外壁塗装会社とっても困ります。

まず、人件費の問題があると思います。

日当払いで作業員を雇っている場合はともかく、社員として雇っている場合、人件費は仕事ができる日、出来ない日にかかわらずその賃金は発生します。

工事日程の延長は、外壁塗装業者にとって、とても迷惑な出来事なんです。

6-2-4・次作業の工程にずれが生じる。

外壁塗装会社も、次の仕事が詰まっていることがあります。

1件の家で3日工程がずれれば、以降の外壁工事日程が、3日づつずれていくということになります。

6-2-5・足場設置期間の延長。

外壁塗装会社と、足場を組む会社が違う場合があります。

外壁塗装工事の期間が延長してしまえば、足場を解体することもできません。

足場設置業者も、当然ある程度見越したうえで足場を組んでいますから、まず問題はありませんが、あまりに長い工事期間の延長の場合、少し困るのではないでしょうか?

6-3・外壁塗装施工期間間が延長すると、追加料金がとられるの?

天候により作業の進捗にとても大きな影響を受ける外壁塗装ですが、もし外壁塗装施工の予定期間が延長してしまった場合、追加料金は発生するんでしょうか?

一般的には、期間延長に対する追加料金がかかることはないと考えていいと思います。

外壁塗装の見積書は、塗装面積に対しての足場代や、塗料代、塗料代などが記されています。

時間に対しての請求というのはまず考えられないことです。

ただし、こういった心配をなくすためにも、あらかじめ作業前に作業期間延長に対する追加料金が無いことを確認しておくと安心できますね。

6-4・外壁塗装施工期間延長が無いようにするのには?

外壁塗装施工期間の延長を絶対になくすことは、まず不可能と考えていいと思います。

外壁塗装会社側も、多少多めに日程の予定を立てていますから、施工予定通りに終わることが多いとは思いますが、必ずとは言い切れません。

あえていうなら、雨の多い時期、台風が発生しやすい時期などは極力避けた方が無難と言えます。

 

7・外壁塗料の散布による、妊婦さんや赤ちゃんへの影響が不安。

aka

7-1・外壁塗料は体に悪影響を及ぼすものなの?

外壁塗装をで気になるものと言えば、その塗料のニオイです。

体に悪いとされているシンナーのニオイがします。

この外壁塗料は、体にとって悪い影響を及ぼさないんでしょうか?

結論は、悪影響はあります

外壁塗装で使用される塗料の、溶剤として使用されるのが、イソプロピルアルコールやメタノール、キシレンなどのシンナーです。

大人でも影響が大きなシンナーですから、妊婦さんや、赤ちゃんにとってはできる限り吸ってほしくはありません。

赤ちゃんに至っては、その影響力はとても強く、マニュキュアの除光液に含まれる溶剤などでも中毒に陥ってしまう恐れがあるほどです。

外壁塗装の塗料のニオイは、人体に全く影響がないと言いたいところですが、そういうわけにはいかないようです。

7-2・溶剤として使用されるシンナーが及ぼすからだけの影響とは?

外壁塗料の溶剤に使用されるシンナーは、体にいったいどんな影響をおよぼすんでしょう?

7-2-1・顔に出る症状とは?

まず、目には、目のかすみ、視力の低下、目の乾き、目のかゆみ、目から涙などの影響を及ぼします。

そして、鼻には、鼻水、鼻づまり、耳には、耳が聞こえづらくなったり、痛み、痒みなどが生じたりします。
口やのどは、痛み、乾き、よだれが出やすくなったり、味さえ分からなくなる場合もあります。

7-2-2・内臓系に出る症状とは?

シンナーが及ぼす内臓系への影響として、下痢や便秘、吐き気、場合によっては、小腸炎や大腸炎などの病気に陥ることもあります。

また、腎臓や泌尿器などにも影響を与え、膀胱炎などの症状が発症することもあります。

呼吸器に関しても、咳やくしゃみが出やすくなったり、脈が速くなり、呼吸回数が多くなったりもします。

7-2-3・皮膚に出る症状とは?

有機溶剤は、口や鼻から体内に入るだけではなく、油脂に溶ける性質から、皮膚からも入り込んでしまいます。

その結果、湿疹やかゆみなどを発症させたりします。

7-2-4・筋肉に出る症状とは?

ここまで説明すると、もはや体に悪い影響を与えない場所はないようにも思えます。

筋肉についても影響を及ぼし、肩こりや、筋肉痛、関節痛などを発症させます。

7-2-5・その他

その他にも、シンナーを吸い込むと、汗をやたらかいてみたり、手足が冷えたり震えたり、けいれんやうつ状態にまでなります。

これだけ色々なことがあると、もはや恐ろしすぎて外壁塗装はやってはいけないものにさえ見えてきますよね?

しかし、あくまでもそのニオイは一時です。

また、それほど害のあるものを多くの時間吸い続けている外壁塗装業者の人も普通の生活ができなくなってしまいますから、かなりの注意をはらって作業を行っています。

7-3・水溶性塗料は安全なの?

最近は、油性塗料ではなく、水性塗料も増えてきました。

この水性塗料の場合、体にはまったく影響はないのでしょうか?

こちらも残念ながらそうとは言えません。

しかし、油性塗料と比較すれば大幅にその影響は低く、現在は水性塗料を使用するケースもだいぶ増えてきています。

7-4・いったいどうすれば安全なんでしょう?

外壁塗装時のシンナー対策として、いったいどういったものがあるんでしょう?

7-4-1・空気清浄機を利用する。

PM2.5や花粉対策として利用される空気清浄機ですが、残念ながらシンナーのにおいにはあまりその効果は発揮できないようです。

7-4-2・防護マスクを使用する。

こちらは有効です。

不織布マスクを使用しても、ある程度その効果が期待出来ます。

ただし、夏場などは呼吸がしにくくなったりしますから、出来れば避けたいものです。

しかも、赤っちゃんに至っては、防護マスクなどできるはずもないため、赤ちゃんのいるご家庭では意味のない対策になります。

7-4-3・工事の間、別の場所で生活。

工事の間、もしくは、有機溶剤を使用する間、別の場所で生活することが一番だと思います。

妊婦さんや赤ちゃんがいらっしゃる家庭の場合、その期間だけ実家に帰るなどすることがベストだと思います。
体には決していいとは言えない有機溶剤ですが、業者もこちらに関しては最善の注意を払うはずです。

施工前にこの件についてもお話をしておいた方がいいと思います。

しかし、外壁塗装一括見積りで、無料で素早く相場がわかります。

-失敗しない外壁塗装
-, ,