外壁の種類はこんなにあります! あなたが選ぶ外壁はどれ?

外壁の種類はこんなにあります! あなたが選ぶ外壁はどれ?

外壁塗装を行う際に、今までの外壁からガラリと外壁の種類を変更する方も多いようです。

外壁を変えただけで、まるで新築の家を購入したような錯覚にも陥るほど家は見違えります。

そんな外壁にはいろいろな種類があります。

あなたが「いいね」と思う外壁はどれでしょう?

1・外壁 その1 「サイディング」

sai

 

1-1・サイディングってなに?

外壁の種類に、「サイディング」というものがあります。

このサイディングとは、家の壁に対して、直接何かを塗ることをせずに、壁に対して、外装材を一枚一枚貼りつけた外壁のことを言います。

1-2・サイディングのメリット

サイディングのメリットはどのようなものがあるんでしょう?

1-2-1・外壁のバリエーション

第一にバリエーションが豊富という点があります。

いわば、出来上がったものを貼りつけるわけですから、色々な種類が存在します。

タイル調から木目調など様々で、自分の気に入った外壁がきっと見つかるはずです。

1-2-2・品質が安定

第二に、サイディングは、その外壁材を工場で生産しています。

その結果、品質がとても安定しています。

職人の技術にそれほど左右されない外壁と言えます。

1-2-3・耐火・耐久性

第三に、耐火性・耐久性に優れているという点があります。

当初、半永久的にもつ外壁として注目を浴びました。

実際のところは、半永久的とは言えませんが、それだけ耐久性に強い外壁材ということは間違いありません。

1-3・サイディングのデメリット

サイディングのデメリットはどのようなものがあるんでしょう?

1-3-1・熱を吸収しやすい

第一に、サイディングの種類などにもよりますが、熱を吸収しやすいというという点があります。

耐火性にはとても強いサイディングですが、夏場などは、その暑さに注意が必要です

1-3-2・防水性能が突然落ちる

第二に、こちらもサイディングの種類によって違いますが、塗装膜が経年劣化により剥がれると、窯業サイディングなどは、途端に水を吸収しやすくなります。

すると、外壁材の形状変化が起こり、外壁の剥がれなどを起こしたりする場合があります。

1-3-3・シーリングの劣化

サイディングを外壁に使用する際に、つなぎ目にシーリング材を使用します。

外壁自体は全く問題がないものの、このシーリングが経年劣化によりひび割れを起こします。

1-4・サイディングの種類にはどんなものがあるの?

 

1-4-1・窯業サイディング

窯業系サイディングは、粘土や石灰岩、ガラスやセメントなどの非金属原料を高熱処理して作られる、人造外壁材です。

窯業系サイディングのメリットとしては、まず、外壁のバリエーションが豊富な点があげられます。

色々な種類があるため、きっとあなたの気に入る外壁が見つかると思います。

また、防火性にとても優れていることもメリットの一つと言えます。

そして、窯業系サイディングは外壁材を工場で生産、加工しているため、現場で下準備などの手間を省くことができ、作業も若干早くなります。

しかし、やはりデメリットも存在します。

デメリットとしては、窯業系サイディングは、一定の大きさにカットされたものを工場で加工処理しています。

大きさを整えるため、現場でその外壁材をカットすると、防水などの加工処理をしていない部分が発生してしまいます。

切断面はシーリング材を使するので、あまり影響はないように感じますが、このシーリング材は経年劣化しやすいものですから、そこから水が浸透する恐れがあります。

また、窯業系サイディングは、熱を吸収しやすい外壁と言えます。

夏などは、暑い外気温を吸収してしまいますからのエアコンなどの使用量が増える可能性もあります。

1-4-2・金属系サイディング

金属系サイディングは、鉄やアルミニウムなどの板材に、発泡系の樹脂断熱材を補強材として成形された外壁材です。

最近よく耳にするガルバリウム鋼板サイディングもこの金属系サイディングの一つになります。

金属系サイディングのメリットとしては、防水性に優れている点です。

金属ですから、当たり前とも思いますが、とても防水性に優れています。

また、窯業系サイディングのように、裏面すべてが接着部分とは違い、外壁との間に隙間を設ける通気工法になっています。

このことにより、湿気をためにくくすることが可能になっています。

そして、意外にも金属系サイディングは外壁材の中でとても軽い外壁材です。

外壁材が軽いと、家へかかる負担も少なくなります。

しかし、デメリットとして、外壁のバリエーションに少し乏しさを感じます。

窯業系サイディングは、外壁の種類を選べるといった感覚がありますが、金属系サイディングは、外壁の色を決める程度と考えた方がいいかもしれません。

また、もう一点のデメリットとして、金属系サイディングは、金属でできていますから、熱膨張を起こします。

日中帯の気温の上昇により熱膨張した金属系サイディングが、夕方に冷やされ、「ボコン」といった音を発する場合があります。

1-4-3・親水性サイディング

親水性サイディングとは、窯業サイディングや金属系サイディングといったような分類分けとは少し違い、その性能をさします。

そもそも親水性とは、材料の表面に水が広がりやすい性質を持っていることです。

この親水性能が高ければ、空気中のホコリなどの汚れが付着しにくく、また落ちやすくなります

をを寄せ付けにくくなります。また汚れが付いても落ちやすくなります。

サイディング工法の素材に、シリカ(SiO2)やフッ素などの塗装して、親水性を高めます。

長期間きれいな外壁を保つにはとても有効なサイディングと言えます。

1-4-4・光触媒サイディング

光触媒サイディングも親水性サイディング同様、窯業サイディングや金属系サイディングといったような分類分けとは違い、その性能をさします。

光触媒サイディングは、親水性サイディングがシリカ(SiO2)やフッ素などの塗装するのに対し、二酸化チタンなどを塗装します。

この二酸化チタンは、紫外線を浴びることにより活性酸素を発生させます。

この活性酸素は、有機化合物を分解する機能をもちますから、汚れは雨が降ったときなどに洗い流されるようになります。

こちらも長期間きれいな外壁を保つには、とても有効なサイディングと言えます。

ただし、紫外線を浴びることによりその効果を発揮することから、北側面などの紫外線を浴びにくい場所では、その効果も低下してしまう恐れがあります。

また、親水性サイディングと比較すると、光触媒サイディングのほうが約2倍ほど割高になります。

1-4-5・樹脂サイディング

樹脂サイディングと聞いて、いったいどういったもの?

と首をかしげる人もいるかもしれません。

なんと樹脂サイディングは、外壁の1%程度のシェアしかありません。

外壁の素材は「塩ビ樹脂」で作られていますから、「錆びない」「腐らない」という特長を持っています。

また、意外にも塩ビ樹脂は長寿命で、燃えにくいという特長があります。

しかし、バリエーションの少なさや、見栄えの乏しさ、またシェア1%といったことによる職人の経験不足ということもあり、その性能とは裏腹にあまり使用されないものになっています。

2・外壁 その2 「トタン」

totan2

2-1・トタンってなに?

一昔前によく目にしたトタンの外壁ですが、今はあまり見かけなくなりました。

トタンには、平らな平トタンと、凹凸のある波トタンとが存在します。

ガルバリウム鋼板サイディングをトタンと考える場合もあるようですが、ここでは別物として考えます。

トタンは、薄い亜鉛メッキ鋼板に塗料を塗装したものです。

2-2・トタンのメリットとは?

トタンのメリットとして、そのコストの安さを上げることができます。

また、金属ですから、防水性にはとても優れています。

波トタンの場合、通風が確保されますから、湿気も滞留しにくいといえます。

2-3・トタンのデメリットとは?

トタンは、まさに金属ですから、防水性にはとても優れている反面、錆びやすいといえます。

また、平トタンの場合、打ち付けた外壁にまですぐに影響を与えてしまい、木材が腐ることもあります。

コストが安い反面、現在ではあまり使用されないといっていいでしょう。

2-4・トタン屋根はよくないんでしょうか?

屋根にトタンを使用するメリットとして、外せないのがそのコストの安さです。

また、雨が直接受ける部分ですから、その防水性を十分に発揮します。

現在はさびにくいものもあるようですから、屋根に対してはトタンを使用する。

といったケースもあるようです。

しかし、トタン屋根のデメリットとして、「断熱性の低さ」があります。

金属製ですから、熱を吸収します。

夏の日中帯は、触ることさえできないほど温度が上昇します。

その温度がもろに室内の伝わってきますから、エアコンなしではいられないほどの暑さになります。

また、雨の日などは、雨がトタン屋根に落ちる音が気になる人もいます。

トタンの落ちる雨音は、睡眠を阻害するほどの音ですから、気を付けましょう。

そして、外観を気にする場合は、やはりトタンは安っぽく見えてしまいます。

外観を気にする場合は、あまりお勧めできません。

3・外壁 その3 「モルタル」

morutaru

3-1・モルタルってなに?

モルタルとは、ラスという網状の金物の上から水とセメントと細骨材を調合したモルタルを塗り、塗装して仕上げるものをいいます。

現在よく使用されるサイディングが普及する前は、大半がこのモルタルの外壁でした。

ただ、左官を使用し塗るという、職人さんの腕や知識や経験が必要なため、今ではあまり腕や経験が無くても可能なサイディングが主流に変わってきています。

3-2・モルタルのメリットとは?

モルタル塗りは、職人さんの腕にもよりますが、塗り方によっていろいろなバリエーションを作ることができます

いわば粘土で物を作りだすかのように、形を変化させることも可能ですから、波模様を付けてみたり、穴をあけてみたり、何かを埋め込んだり、貼りつけたりと、様々なことができます。

また、つなぎ合わせ部分がないため、シーリングの必要がありません。

そのため、シーリング劣化の心配もなく、耐久性にとても優れていると言えます。

3-3・モルタルのデメリットとは?

モルタルには防水機能がありません。

ですから、塗装で防水機能を持たせる必要があります。

また、モルタルは必ずといっていいほど、ひび割れを起こします

これは、水とセメントと細骨材を練り混ぜて作られたモルタルの水分が蒸発していくことによる、乾燥収縮が原因です。

小さなひび割れの場合は全く問題はないのですが、大きなひび割れの場合はメンテナンスが必要になります。

また、防汚性や親水性も持たないため、汚れが目立ちやすいのもデメリットの一つと言えるでしょう。

3-4・モルタルの種類にはどんなものがあるの?

3-4-1・スタッコ

スコッタは、塗料を5~10mm程度の厚さで吹き付けます。

そのため重圧感がでて、高級感のある外壁に仕上がります。

しかし、塗装面が粗く凸凹も激しいため、非常に多くの塗料を使用すること、そして、汚れやすいのが欠点とも言えます。

吹きつけタイルと比較すると、約3倍ほどの塗料を使用しますし、ローラー等で塗ることができないため、手間と時間がとてもかかります。

3-4-2・ジョリパット

ジョリパットは、ザラザラ感のある塗り壁です。

スタッコと比べ、凸凹は少し少なくなります。

ジョリパットは、デザイン性と耐久性にとても優れた塗り壁です。

本来、モルタルはひび割れを起こしやすい外壁といえますが、このジョリパットは、非常に弾性があり、ねばりも強いという特質をもっているため、ひび割れしにくい外壁になります。

デメリットとしては、ジョリパッドは顔料を混合させて着色しているため、色褪せのしやすさがあげられます。

また、スタッコ同様、その凹凸から汚れがつきやすいのも欠点と言えます。

3-4-3・リシン

リシンは、細かい砂壁状の外壁です。

経済性と作業性の良さから、一昔前まではよく使われていました。

モルタルの中でも、その種類が豊富な方です。

しかし、クラックなどのひび割れが入りやすいため、現在はあまり使用されなくなってきています。

3-4-4・吹きつけタイル

吹きつけタイルは、1~3ミリ程度の厚さで吹き付けたものです。

凹凸はあるものの、その凹凸は細かく、ツルツルしているイメージがあります。

スタッコやリシンと比べると、塗料も少なく済み、またとても塗りやすいといえます。

トップコートを組み合わせる事で、その耐久性もグンとアップさせることができ、人気のある外壁と言えます。

4・外壁 その2 「ALC」

021

 

4-1・ALCってなに?

ALCとは、Autoclaved Light weight aerated Concreteの略で、日本では「軽量気泡コンクリート」と言われています。

珪石、セメント、生石灰、石膏、アルミニウム粉末などからできていて、内部には無数の気泡が形成されています。

4-2・ALCのメリットとは?

ALCのメリットとして、耐火性、耐熱性にとても優れているところです。

強いことです。

耐火性とは「燃えにくい」ということ、耐熱性とは「高温にさらされたとき、物性を維持する力が強い」ということです。

金属製のような耐火性の強いものは、耐熱性に弱いものが多い中、このALCは、、耐火性、耐熱性の両方を備えています。

また、ALCは遮音性にも優れています。

外の音が気になる環境の場合、とても有効な外壁と言えます。

その他に、耐震性にも優れています。

その実力は、すでに証明済みです。

4-3・ALCのデメリットとは?

ALCのデメリットとして、防水性が無く、吸水性が高いといったように、水に対して弱い部分があります。

また、表面強度もあまり強くなく、衝撃に対しては弱いと言えます。

 

5・外壁 その5 「RC」

020

5-1・RCってなに?

RCとは、鉄筋コンクリートのことです。

セメント、細骨材、砂利と水を練り合わせて作られたコンクリートの芯に鉄筋を入れることにより、強度を高めています。

5-2・RCのメリットとは?

5-2-1・耐震性

RCの一番のメリットは、その強度と言えます。

コンクリートの芯に鉄筋を入れることにより強度が増し、また6面体構造となるため、一般的な木造と比べると、圧倒的な強度になります。

5-2-2・耐火性

外壁内部にも木材などが使用されていないため、耐火性にも優れています

5-2-3・遮音性

RCは、遮音性にも優れています。

その遮音性能は、50bd程度騒音を下げる効果があります。

交通量の多い道路など、騒音の多い場所にその効果を発揮します。

5-3・RCのデメリットとは?

5-3-1・木造建築の外壁には使用できない。

RCのデメリットとして、まずは木造建築の家の場合、外壁塗装の塗り変えにRCは使用できません。

建築段階で、鉄筋コンクリートで建築されていなければなりません。

5-3-2・完全な塗り替えというより、補修のイメージ。

一度鉄筋コンクリートで建物を建ててしまった場合、木造住宅の柱などのすでに壁と一体化しています。

結果、外壁にダメージを受けた場合、木造のようにいろいろな種類の外壁から気に入ったものを選ぶことができ、古い外壁をきれいに除去し、きれいに塗り替える。

といったことができません。

補修といった形になります。

5-3-3・ひび割れが起こりやすい

コンクリートを使用ということで、乾燥収縮が起こります。

その結果、モルタル同様、ひび割れが起こりやすくなります。

小さなひび割れであれば、あまり深刻な問題にはなりませんが、少し大きなひび割れになると、漏水する可能性があります。

この場合、大掛かりな補修が必要となる場合があります。

6・外壁 その6 「タイル外壁」

019

6-1・タイル外壁ってなに?

以前は、マンションなどによく使用されていたタイル外壁ですが、最近では一戸建てでもよく見かけるようになってきました。

外壁に一枚一枚タイルを貼りつけるため、その種類も多く、人気の外壁と言えます。

6-2・タイル外壁のメリットとは?

6-2-1・バリエーション

タイル外壁は、モルタルなどの外壁塗装時に、タイルを埋め込むような形になります。

そのタイルのバリエーションも豊富で、自分の気に入る外壁が見つけやすいと言えます。

6-2-2・耐久性

外壁の劣化の原因に、紫外線の影響が大きいと言えます。

しかし、タイル外壁の場合、土や石をおよそ高熱で焼き固めたものなので、紫外線の影響をほとんど受けません。

その結果、耐久性にとても強く、また紫外線の影響をほとんど受けないことから、色褪せなどの変色もしにくい外壁です。

6-2-3・メンテナンス性

タイル外壁は紫外線に強いので、あまりメンテナンスの必要がない外壁と言われています。

ただ、タイルの剥がれなどが生じたな場合、そのタイルのみの補修ができるため、メンテナンス性にとても優れています

6-3・タイル外壁のデメリットとは?

タイル外壁のデメリットは、あまりないと感じますが、唯一のデメリットというと、剥がれがあげられます。

モルタルなどに貼りつけるため、弾力性のないモルタルは地震などの振動を吸収することができないため、貼りつけていたタイルに隙間ができたり、タイル自体にひびが入り、剥がれ落ちてしまうことがあります。

6-4・タイル外壁の種類にはどんなものがあるの?

タイル外壁は、高額な順に「磁器質タイル」、「せっ器質タイル」、「陶器質タイル」といった3つに分けることが出来ます。

それぞれどんな性質を持っているんでしょう?

6-4-1・磁器質タイル

磁器質タイルは、1250℃以上の高温で焼きあげられるため、その硬度はとても強く、叩くとまるで金属のような音がします。

吸水率は1%以下で、浸水などによる被害を受けにくい外壁です。

防水だけではなく、劣化、変色、変形、汚れ、熱、火、などなど、すべてにおいて完璧といったいいほどの外壁素材と言えます。

6-4-2・せっ器質タイル

せっ器質タイルは、1200℃程度の高温で焼きあげられています。

磁器質タイル同様、水分を吸収しにくい外壁タイルですが、吸水率は5%以下と、磁器質タイルと比較すると少し劣る部分があります。

6-4-3・陶器質タイル

陶器質タイルは、3つの中では一番柔らかいタイルとです。

吸水率も22%以下となりますから、防水性も3つの中では一番期待ができません。

柔らかいため、加工がしやすいという利点。

また、タイルの中では価格も一番安価という利点があります。

外壁塗装で失敗したくない人へ

もう失敗しない!外壁塗装。相場を知らないと損をします。

しかし、外壁塗装一括見積りで、無料で相場がわかります。

▲ページトップに戻る