外壁塗装って、外壁以外にどういった部分を塗装するの?

外壁塗装って、外壁以外にどういった部分を塗装するの?

外壁塗装というと、外壁だけを塗装すると思いがちですが、塗装される場所は外壁意外にもいろいろあります。

外壁塗装の時に、どういった場所塗装されるのかを紹介したいと思います。

1・屋根

026

 

外壁塗装において、家の周りの壁以上に、日の光を受け続け、雨を一番受け続けている場所が「屋根」ですね。

外壁塗装の見積もりを出した際に、屋根を含んでいる業者も多いですが、別項目として屋根塗装を設定している業者もいます。

この屋根もまたいろいろな種類があり、場所により塗る塗料が違ったりもします。

1-1・軒天

「軒天」とは、外壁よりも外側に出ている屋根の裏側部分のことを言います。

軒裏、軒裏天井、軒天井とも呼ばれています。

屋根に入り込んだ雨水が、軒天に染みて、傷んでしまうことがあります。

屋根裏に湿度を滞留させないため、通気性のある塗料を使用するのが一般的です。

1-2・棟

「棟」とは、屋根の頂上部のことをいいます。

屋根の面と面とが交わる部分にあたるので、この塗装部分が劣化すると、雨漏りの原因にもなりかねます。

棟だけ、トタンを使用している場合などがあり、屋根とは素材が違うことから違う素材の塗料が使用される場合があります。

1-3・唐草

「唐草」とは、屋根の先端部分に垂直にとりつけられた細いトタン板などのことを言います。

屋根の先の部分が、強い風などで剥がされたりすることを防いだり、屋根から流れ落ちる雨水の切れをよくしたりする効果があります。

雨水が流れてくる場所ですから、細いトタンなどが使用されますが、トタン製の場合、外壁塗装の剥がれた部分からサビが発生し、どんどん腐食していくことがあります。

こちらも外壁塗装時にしっかり確認してもらうことをおすすめします。

1-4・破風

「破風」とは、唐草同様、屋根の先端に垂直に貼られた壁のことです。

唐草のすぐ下に取り付けられていることがほとんどで、屋根と屋根裏の厚みの部分を覆うように取り付けらます。

こちらも、雨水が流れ落ちやすい場所なので、板金加工した物が取り付けられることが多くなります。

また、こちらの腐食の進行が激しい場所になりますから、外壁塗装時にしっかり確認してもらいましょう。

1-5・霜除け

「霧除け」とは、窓の上の”ひさし”のことです。

開口部や窓の上などに取り付けられる小さな屋根ですね。

霧や雨が入り込まないようにする役割を果たしています。

外壁塗装時に一緒に塗り替えを行うのが一般的です。

2・外壁

gaiheki3

外壁塗装ですから、外壁を塗装するのは当たり前なんですが、外壁も一面同じ壁があるわけでもありません。

壁の素材とは違うものとしてどういったものがあるんでしょう?

2-1・雨戸

「雨戸」とは、説明は不要かとも思いますが、建物の開口部に設置されるもので、防風・や遮光、また防犯の役目も果たしています。

台風などの強風から窓ガラスを守る役目も果たします。

一昔前は、木材を使用した雨戸もありましたが、最近では防火などの役割を兼ねた金属製のものが主流になっています。

冬の寒さ、夏の暑さによる室内の温度変化を防ぐ役割も果たしています。

外壁の場合は、雨が降り、雨水が外壁に付着した後も外気と触れていて、天候が回復すれば、日の光によりしっかり乾いていきますが、雨戸の場合、雨に濡れたまま戸袋にしまい込んでしまうことが多いため、腐食が早いとも言えます。

2-2・戸袋

「戸袋」とは、こちらも説明不要かと思いますが、雨戸の収納場所のことですね。

戸袋も、一昔前は、木材の雨戸に対して、木材の戸袋でしたが、最近では、金属製のものが主流になっています。

外壁に貼り付けたような状態になるため、その付け根部分の塗装が剥がれたり、戸袋をわたって雨水などが落ちることにより、戸袋の隅などが汚れていくことが多くなります。

また、雨などに濡れたままの雨戸を収納し、また外気に直接触れないので、雨戸同様、腐食が早い場所と言えます。

2-3・幕板

「幕板」とは、2階建ての建物の場合に、1階と2階の間に帯状の取り付けられた板のことを言います。

素材は、木製であったり、トタンであったりと様々です。

一階部分の外壁と、2階部分の外壁の色などを幕板を境に変えたりします。

一般的には外壁の意匠として外観美のためにつけられていることが多いものになります。

その外観美のためにつけたはずの幕板と外壁の間に施したのコーキングにヒビなどが入り、s子から雨が入り込んでしまうということもあります。

外壁塗装時に、幕板がある場合は、一通りのチェックが必要になります。

2-5・水切り

「水切り」と部分とは、窓などの開口部下に取り付けられた、雨水の侵入を防ぐためのL字型の金具です。

窓枠の下側は、窓枠をつたって、雨水が流れ落ちやすい場所です。

その流れ落ちた蜜も外壁をつたっていくと、その部分は劣化が進みやすくなります。

その対応策として、「水切り」を設置しています。

こちらも外壁塗装時には、ついでに塗装をしてもらいましょう。

2-6・土台水切り

「土台水切り」とは、「水切り」と変わりはないのですが、家の土台部分に作られる水切りをさします。

この土台水切りは、外壁をつたって、雨水などが家の土台などに行かないように重要な役割を果たしています。

また、こちらも外壁の下の部分に汚れを作らない役目も果たしていて、美観性を保つためにおいても、重要な役割を果たしています。

3・ベランダ

030

 

3-1・ベランダ塗装の劣化

外壁塗装において、見積書に鉄部塗装として含まれる場合もありますが、一般的に、ベランダ塗装は、別項目で記載されることが多い場所です。

それだけ他の部分と比べ、塗装範囲も広く、手間もかかる場所ということになります。

3-1-1・ベランダに剥がれが発生!

ベランダの種類には、色々な種類がありますが、ベランダの塗装部分に剥がれが発生することがあります。

トップコート部分のみの剥がれの場合、DIYで補修できる可能性もありますが、防水層などから剥がれてい舞っている場合は、早急に修理をしなくてはなりません。

3-1-2・ベランダに水たまりが発生!

ベランダに水たまりが発生する場合の原因は、いろいろな理由が考えられます。

単純にベランダの水を排出する樋が詰まっている場合。

根本的な問題で、設置段階ですでに斜行が無かった場合。

また、塗装剥がれによるり段差ができたことなどです。

原因は様々ですが、放っておいた場合の結果同じです。

水分を吸収してしまい、腐食が進んだり、場合によっては、ベランダの倒壊といったことも考えられます。

3-1-3・ベランダにヒビが発生!

剥がれを発見し、その剥がれ部分をよく見ると、ベランダにヒビが入っていた。

なんてこともよくあることです。

ヒビの大きさにもよりますが、放置することはいいとは言えません。

こちらも、ヒビ部分から雨水などが浸透し、どんどんベランダを腐食していく原因となります。

3-2・ベランダ塗装

外壁の塗装を行う際に、ベランダの塗装もついでに行うことが多いと思います。

外壁同様、常に外気に触れている部分ですが、ベランダは人がそこへ出ることがありますから、安全性を考え、必ず塗装しておいた方がいいと思います。

3-2-1・防水層まで劣化が進んでしまった場合。

ベランダの塗装剥がれが、トップコートのみの場合は、全く影響がないとは言えないものの、あまり深刻なことではないような気もします。

しかし、その剥がれが防水層などまで来てしまっている場合は、一日、一日劣化が進むと言っていいと思います。

外壁塗装業者へ依頼した場合、一度古い物をはがし、キレイにしたあとに、下塗りをし、その後、防水シートの貼り付け、塗装といった順で修繕していきます。

3-2-2・ベランダ塗装の塗料はどういったものが使用されるの?

一般的には、ベランダ塗装の塗料は、防水性の優れたものでなければなりません。

アルミ製のベランダの場合、モルタルの場合、木製の場合など、素材によりその塗料も変わってきますが、その塗料においても、防水効果のあるものが使用されます。

4・雨樋

031

 

屋根に降った雨を地上に落とす役目を果たす雨樋。

この雨樋の寿命は20~25年ほどと言われています。

雨樋は、塩化ビニール樹脂の物を想像しますが、今はいろいろな素材の雨樋があります。

4-1・雨樋の素材にはどういったものがあるの?

4-1-1・塩化ビニール樹脂

一般的に普及している雨樋というと、塩化ビニール樹脂でできた雨樋を想像される方が多いと思います。

安価というメリットもあり、やはり一番使用されている雨樋です。

しかし、経年劣化により、割れやすくなってしまうというデメリットも持っています。

外壁塗装時、塗料を塗ると、強度もアップしますから、足場を組んだついでに塗装し直したほうがいいと言えます。

4-1-2・ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、特殊なメッキ加工により、とても軽く、そして、錆びに性質を持った金属になります。

メンテナンスいらず」ともいわれ、最近では、優れた外壁素材としてとても人気があります。

そのガルバリウム鋼板を屋根や外壁に使用している場合、雨樋もこのガルバニウム鋼板に合わせるケースがあります。

価格は塩化ビニール樹脂などに比べれば高額ですが、その耐久性や外観から、人気のある雨樋にもなっています。

屋根や外壁と合わせガルバリウム鋼板の雨樋を取り付けている場合、屋根や外壁の塗り替えと同時に、ガルバリウム鋼板の雨樋も塗り替えるべきといえます。

4-1-3・アルミ・ステンレス

こちらは、あまり見かけない雨樋ですが、金属製で耐久性に強い事。

アルミ、ステンレスは、錆びにくいことから、利用するケースもあります。

基本的に雨樋の補修、塗装は、足場を組んだついでに行った方が費用削減できるため、外壁塗装時にメンテナンスを行うのは一般的なことと言えます。

4-2・雨樋の部品にはどういったものがあるの?

雨樋といっても、色々な部品から構成されています。

外壁塗装時には、「横樋」、「竪樋」の見積もり項目の場合が多いようですが、修理などの場合、より細かく部品名が記載されているケースもあります。

少しその部品について説明をしたいと思います。

4-2-1・横樋

横樋とは、屋根の先端部分に設置された横に伸びた樋のことを言います。

屋根をつたって流れてきた雨水を直接地面へ落下させることを防ぐため、雨水をまずは横樋に流します。

4-2-2・竪樋

竪樋とは、横樋に流れてきた雨水を地上へ落とすための屋根から地面へと壁をつたって縦に伸びた樋のことを言います。

4-2-3・樋受け金具

樋受け金具とは、横樋を乗せるための金具のことを言います。

横に長い横樋ですから、一定間隔でこの樋受け金具使用し、横樋の強化を計ります。

4-2-4・つかみ金具

つかみ金具とは、竪樋を外壁に取り付ける金具のことを言います。

こちらも、一定間隔で設置され、横風などの影響を受けにくくします。

4-2-5・集水器

集水器とは、横樋を流れてきた水をいったん集める場所です。

横樋と竪樋の連結部分で、この集水器から竪樋を通って地面に雨水が流れます。

外壁塗装で失敗したくない人へ

もう失敗しない!外壁塗装。相場を知らないと損をします。

しかし、外壁塗装一括見積りで、無料で相場がわかります。

▲ページトップに戻る